網膜剝離・網膜裂孔

網膜とは

網膜とは眼の壁にある薄い膜で(カメラに例えるとフィルムにあたる)光を感じる大切な組織です。この網膜の一部が元ある場所からはがれてしまうことを”網膜剥離”と言います。外傷や加齢によって裂けたり穴が開く”網膜裂孔”や”網膜円孔”を原因として起こるタイプと眼球内にできた腫瘍や炎症、高血圧や糖尿病などが原因で起こるタイプがあります。病状によって症状は異なり、視野にふわふわとしたゴミが見えたり蚊のような影が見える”飛蚊症”を自覚したり、光視症、視野障害、視力低下などを自覚することが多いですが、ときには無症状でたまたま眼底検査で指摘されることもあります。

網膜剥離・網膜裂孔の症状

裂孔ができたときに、飛蚊症(小さなごみのようなものが急に飛び始める)や光視症(視界の中に閃光のようなものが見える)を生じることがあります。 網膜剥離になると視野欠損(カーテンが下りてくるように見えなくなる)や視力低下が起こります。中心まではがれると急激に視力は低下します。

網膜剥離・網膜裂孔の治療

裂孔の大きさや網膜剥離の進行具合などによって治療法が異なります。網膜剥離があってもあまり大きくない場合には外来での網膜光凝固で治療することができます。ある程度進行すると入院の上での外科的な手術が必要となります。網膜裂孔や網膜剥離は、失明につながるような重症な病気ですが、早期治療により深刻な視力障害を回避できる可能性が高くなります。

網膜光凝固

裂孔または剥離部分の周辺にレーザーを照射し固めます。周辺を固めることによって、病変部位が広がらないようにします。照射する時間は病状にもよりますが数分程度で終了します。

さくら眼科.jpeg