その他の網膜疾患

網膜静脈閉塞症

高血圧や高脂血症、糖尿病などで網膜の動脈が硬くなり、接している静脈を圧迫することで血栓が生じて眼底出血をきたす病気です。50歳以上の方に多く見られますが、若年者でも起こることがあり、血管炎などに併発するもの、全身的な基礎疾患がない方にみられることもあります。視神経乳頭部で血栓ができて静脈が詰まる網膜中心静脈閉塞症と乳頭部から出た血管の枝が詰まる網膜静脈分枝閉塞症があります。静脈が詰まり血流が悪くなると静脈から血液や血漿成分が滲み出して眼底出血や網膜の腫れを起こし、黄斑部にまで変化が及ぶと急な視力低下をきたします。また網膜の広範囲の虚血が続くことで血管新生緑内障を発症することもあります。病状に応じて、止血剤や循環改善薬の内服、レーザー光凝固やステロイドの局所注射、抗VEGF剤の硝子体内注射、硝子体手術などで治療を行います。

網膜前膜・黄斑前膜

黄斑前膜には、網膜上膜、黄斑上膜、黄斑前膜などとも呼ばれ、加齢性の変化に伴い発症するものと炎症や手術の後に続発して発症するものがあります。目の中は硝子体と呼ばれる無色透明なゼリー状物質で満たされていて視神経と黄斑で網膜と強く接着しています。これが加齢とともに少しずつ液体に変化し網膜から剥がれてくる中で、黄斑部に残った硝子体を基にして網膜上に膜が張ってきます。網膜上の膜が収縮すると網膜にしわが寄ったり網膜がむくみ、物がゆがんで見えたり視力が低下したりします。ゆっくり進行する病気で治療の必要のない場合も多いのですが、症状が進むと手術が必要になることもあり、定期的に眼科で眼底検査を受けることが大切です。

網膜疾患の前兆

視野狭窄・視野欠損(しやきょうさく・しやけっそん)

視線を一定に保ったまま見える範囲を視野といいます。その周囲に膜がかかったようになり、見える範囲が狭くなる症状を視野狭窄(しやきょうさく)といいます。また、視野にぽつんと見えない部分ができた状態を視野欠損(しやけっそん)といいます。 網膜剥離や網膜症、網膜色素変性、緑内障などの可能性があります。

飛蚊症

目の前に小さな虫や糸くずのようなゴミが飛んでいるように見える症状です。これらの多くは、「生理的飛蚊症(せいりてきひぶんしょう)」という加齢に伴う現象で、医学的に治療の必要はありません。しかしながら稀に網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎等の初期症状の場合があり、飛蚊症を感じたら、散瞳剤を使用しての精密眼底検査をおすすめします。

光視症

目を閉じているのに視野の端のほうで光が走るように見える症状です。後部硝子体剥離の際、網膜を引っ張る刺激によるものと考えられていますが、網膜裂孔や網膜剥離の初期症状の可能性もあります。また飛蚊症同様、黄斑変性や黄斑上膜の場合もあります。光視症を感じたら、眼科での眼底検査を受けるようにしましょう。

変視症

直線がくびれたり、ふくらんだりして、ものがゆがんで見える症状です。カレンダーのマス目や障子の枠など、直線が規則正しい格子状のものを見ると確認できます。網膜の黄斑部が腫れていたり、シワが寄っているなどの可能性があります。飛蚊症同様、黄斑変性や黄斑上膜の場合もあります。変視症を自覚したら早めに眼科での眼底検査を受けることをお勧めします。

網膜疾患の治療法

内科的治療

病状に応じて、循環改善薬や止血薬、またビタミン剤や亜鉛などの栄養薬(サプリメント)を用いる場合もあります。

レーザー光凝固

新生血管をターゲットに照射する場合、滲出液の漏出点への照射レーザー、無潅流領域への照射、血管瘤への照射など、様々な目的でレーザーによる網膜光凝固を行います。目的に合わせて波長を変えて治療を行います。

その他の治療

ステロイド薬や抗VEGF剤の硝子体内注射や光線力学療法(PDT)、硝子体手術などがあります。 ※PDTと硝子体手術は当院では行っておりませんので、必要な場合は大学病院などへの紹介を致します。