白内障手術後の過ごし方

白内障の手術をする前に、いつから仕事復帰できるのか、手術後に日常生活にどのような制

限があるのかなど手術後の不安を抱える方が多いです。また、日常生活にどのような支障が

でるのか把握して、仕事やプライベートなどスケジュールを調整する必要のある方もいるで

しょう。

今回は白内障手術後の過ごし方について解説していきます。これから白内障手術を受けよう

と思っている方はぜひ参考にしてください。




白内障手術後の重要な時期


白内障手術後で最も大事なことは術後感染を防ぐ事です。術後1週間以内はある程度注意が必要です。

それぞれの時期に注目して説明していきます。



白内障手術後1週間までの過ごし方


手術が終わった当日は安静に過ごしましょう。無理せず休養を取ることが大切です。

テレビを見たり、本を読むことは問題ありませんが、体を休めるためにも長時間見ることがないようにしましょう。

そして、1週間までの過ごし方として重要なのが「目を濡らさない」ということです。

手術後に目の中に汚れた水が入ると、感染を引き起こす原因になってしまう場合もあります。

そのため、初日はシャワーも控えておきましょう。2日目以降はシャワーや入浴は構わないものの、首から下のみにし、汚れた水が目に入らない様に注意してください。

毛髪や顔をつたってきた水、汗などには雑菌や汚れが多く含まれているため洗顔や洗髪は控えた方が良いですが、夏場などの暑い時期は髪を洗わないと気持ち悪く感じる方もいるでしょう。

そのため、上を向いて家族に洗ってもらうなどの方法で洗髪を行う方もいます。

また、美容室で洗髪してもらうのも1つの方法でしょう。

そして買い物など必要な外出が必要な際は、医師の指示に従い、目が清潔な状態に保たれる様に留意してください。

他にも汗ばむほど運動をしたり、目に圧迫が加わるようなことは避けてください。

食事は術後すぐ摂取しても良いですが、飲酒は3~4日程度は控えてください。

白内障手術は傷口が小さく出血を起こすリスクが小さい手術ですが、飲酒によってむくんだり血流がよくなり、傷口が開いてしまう可能性があります。



白内障手術後1か月目までの過ごし方


手術後1か月までの過ごし方でも重要なことは、「目を清潔に保つ」ことです。汗や異物が目に入って術後感染を引き起こしたり、力を入れた刺激で傷口が開いてしまう危険性があります。

そのため、激しいフィットネスや力が入るゴルフなどのスポーツはなるべく控えてください。

筋肉や体力が落ちるのが不安な方は、軽い散歩や軽いジョギング程度なら問題ないので、行っていくとよいでしょう。

ただしくれぐれも無理しないように過ごすことが大切です。




白内障手術後の仕事復帰は?


白内障手術を受けた方でいつから仕事に復帰できるのか、という点が不安な方が多いでしょう。

仕事には車で通勤される方も多いので、次に運転の面と仕事の面から説明していきます。



白内障手術後の運転


白内障手術後、瞳孔が開く点眼や軟膏を使用する場合があるので、その場合には運転を控えて安静にしましょう。

病院にもよりますが、術翌日以降診察時に視力を測り、問題なければ運転しても良い、という場合が多いです。

しかし、なかには「眼鏡等」など条件付きの運転免許証を保有している方もいます。

そういった方は運転免許試験場で条件を外す必要があるため、外すまでは運転は禁止です。

そのため、手術後に視力が変わり眼鏡等が不要になった方は「眼鏡等条件解除審査」を運転免許試験場で受けましょう。


参考:警視庁「眼鏡等条件解除審査」東京都



また、右目の手術から1週間後に左目の手術をするという方もいます。そういった場合は左右の手術が終わらないと視力のバランスが悪く見えにくい可能性があるため、安全の為運転は控えた方がよいでしょう。

手術後、運転しても良い状況であったとしても、見え方は以前と変わっている場合があります。

そのため、まずは近くのスーパーに行く、などの短距離のドライブから慣らしていくと

良いでしょう。



白内障手術後の仕事


仕事については前述したように、目を清潔に保つ、過度に力を入れないなどの点に留意する必要があります。

この点を守れる仕事なら問題ないため、事務仕事に関してはすぐに始めてしまっても問題ないです。

ただし、無理ない程度で少しずつ復帰していきましょう。

埃っぽい場所や衛生状態の良くない場所での仕事、汗ばむような仕事は感染予防の観点から、一週間程度は仕事を控えましょう。



術後点眼の重要性


白内障手術を受けた後、これで手術は終わりだと思われる方が多くいますが、術後の点眼は非常に大切です。

感染予防だけではなく、術後の炎症などの合併症を抑えるため、医師の指示のもと正しい点眼方法、回数を守っていくように心掛けましょう。




まとめ


白内障手術は、技術の進歩により日帰りでも比較的安全に行えるようになりました。

しかしながら手術に伴う合併症のリスクは多少なりともあり、患者様にも日常生活での注意点を守っていただく事、術後の点眼をしっかり行い、定期検診を受けていただく事が大切です。

最新記事

すべて表示

白内障の手術は比較的安全性の高い治療です。しかしながら、外科的に治療するためわずかではありますが合併症が起こることがあります。 今回は白内障手術で起こりうるリスクをおもにお伝えします。 駆逐性(くちくせい)出血 手術中に脈絡膜の血管が破綻して出血する合併症です。 急な血圧上昇や強く緊張した場合、咳込んだ場合などの負荷が加わった場合や手術中の急激な眼圧低下などで出血が起こりやすいとされています。 駆

白内障の手術をしたあと、すぐによく見えるものなの?と不安な方は多いと思います。先にお答えすると、ほとんどの患者様が「視界がはっきりとしてよく見えるようになった」と喜ばれています。しかしながら、よく見えるようになった分、視界の違和感が現れることが多いです。今回は、手術後の見え方や、術後に気を付けるべきことを説明します。 白内障の手術はどのように行う? 白内障の手術では、白内障によりにごった水晶体を取

年齢を重ねるうちに、目に対してなんらかの不調を感じることが多くなります。字がみえにくい、重なって見えるなど、症状はさまざまです。このような場合、最初は軽い症状のことが多く自己判断で市販の目薬を使用していませんか?実はその症状、白内障の初期症状かもしれません。 また、白内障は市販の点眼薬では治療や予防はできません。白内障は老化現象であり、60歳以上の8割が白内障を発症するといわれる身近な病気です。症