白内障手術における眼内レンズとは

白内障手術は、混濁した水晶体の代わりに人工のレンズを挿入します。今回は眼内レンズの

タイプや適している眼内レンズの種類などをご説明します。




眼内レンズとは


眼内レンズは、白内障の手術で濁った水晶体を取り除いた後、代わりに挿入する人工レンズです。眼内レンズにはさまざまなタイプがあり、シリコンやアクリル樹脂など、主に柔らかい素材が使われています。また、眼鏡やコンタクトと同様に度数があり、メンテナンスは必要ないことも特徴のひとつです。最新のタイプが必ずしも患者さんに適しているとは限りません。担当医と相談の下、年齢や状態に応じてご自身に合った眼内レンズを選ぶことにより、近視や遠視、乱視を矯正することが可能です。



眼内レンズの種類


眼内レンズにはさまざまなタイプがあり、大きく分けて、単焦点レンズと多焦

点レンズの2つがあります。



単焦点眼内レンズ


従来の白内障手術で多く使われてきたタイプの一箇所にピントの合う眼内レンズです。水晶体は膨らんだり縮んだりすることでピントを調節できますが、眼内レンズはピントを調節することができません。単焦点眼内レンズは、近くに合わせる、または遠くに合わせるかを選択して挿入するため、必要に応じて眼鏡をかけてピントを調整しています。



多焦点眼内レンズ


多焦点眼内レンズは、近くと遠くの両方にピントが合うように予め加工されています。そのため、眼鏡を使用しなくても遠近の両方が見やすくなる可能性があります。保険適用外で、医療機関により費用が異なります。

そのほか、着色レンズや非球面レンズなどがあります。

水晶体は加齢に伴い、徐々に黄色く濁ってくるといわれ、手術前は黄色く濁った水晶体を通して見える視界に慣れていると考えられます。そのため、無着色タイプの眼内レンズを挿入した場合、目の中に入ってくる光の量が多くなり、日中は眩しさを感じることがあります。眩しさの軽減のほか、網膜に有害とされるブルーライト・紫外線量を抑えることなどを目的とした着色レンズが使用されることもあります。

通常の眼内レンズは球体の一部を切り取ったような構造で、球面眼内レンズといわれています。この眼内レンズは完全な半球体をしている場合でも、ピントに誤差のようなものが生まれ、手術後の見え方に影響が出る場合があります。非球面レンズは、ピントの誤差のようなものを可能な限り少なくし、手術後の見え方がより良好になる可能性があります。



適している眼内レンズのタイプ


単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズには、それぞれ生活上において選ぶポイントがあります。あなたに適している眼内レンズはどちらのタイプでしょうか。



単焦点眼内レンズ


・眼鏡をかけることが不便ではない

・夜間に運転することが多い

・手元の細かい作業をすることが多い

・糖尿病など他の目の病気がある



多焦点眼内レンズ


・できるだけ眼鏡を使いたくない

・夜間の運転はほとんどしない

・裸眼でスポーツを満喫したい

・遠近両用のコンタクトレンズを使用していた経験がある

・白内障以外の目の病気がない

最新記事

すべて表示

白内障の手術をしたあと、すぐによく見えるものなの?と不安な方は多いと思います。先にお答えすると、ほとんどの患者様が「視界がはっきりとしてよく見えるようになった」と喜ばれています。しかしながら、よく見えるようになった分、視界の違和感が現れることが多いです。今回は、手術後の見え方や、術後に気を付けるべきことを説明します。 白内障の手術はどのように行う? 白内障の手術では、白内障によりにごった水晶体を取

年齢を重ねるうちに、目に対してなんらかの不調を感じることが多くなります。字がみえにくい、重なって見えるなど、症状はさまざまです。このような場合、最初は軽い症状のことが多く自己判断で市販の目薬を使用していませんか?実はその症状、白内障の初期症状かもしれません。 また、白内障は市販の点眼薬では治療や予防はできません。白内障は老化現象であり、60歳以上の8割が白内障を発症するといわれる身近な病気です。症

白内障は主に加齢によって水晶体が濁り、視界がぼやける、視力が低下するなどの症状がみられる病気です。今回は、白内障の片目手術、両目手術のメリットやデメリット、白内障手術の注意点などをご説明します。 白内障の片目手術 両目ともに進行している場合の白内障手術は、片目ずつ手術を行うことが一般的です。片方の目を手術して経過観察を行った後、もう片方の目の手術をするため、計2回の手術を行います。また経過観察中は