白内障の原因と症状について

白内障とは、眼の中の水晶体が加齢とともに白く濁ることで、視力が低下する病気です。

水晶体の濁り方には個人差があり、自覚症状はさまざまです。

初期段階では、はっきりとした症状がなく、病気を自覚することはほとんどありません。

また、白内障で完全に周りが見えなくなることはありません。しかし、進行すれば「ぼやける」「二重に見える」などの症状によって、日常生活に支障が出てしまいます。

白内障を判断する一助になるように、今回は白内障の原因とその症状について解説していき

ます。




白内障になる原因


白内障は、さまざまなことが原因で起こる病気です。ごく軽い症状を含めると、50代の方でも発症することがあります。ほとんどは加齢によるものですが、加齢以外で発症することもあります。以下に主な原因を挙げていきます。



加齢によるもの


最も多い原因は加齢により起こる白内障です。80歳以上で、ほぼ100%白内障になると報告されています。加齢に伴い水晶体が酸化することが原因で起こります。加齢による白内障は徐々に進行するため、最初のうちは自覚症状がほとんどありません。



紫外線によるもの


眼に強い紫外線を浴びることで、白内障の発症を早めてしまいます。例えば、屋外で仕事をしている人や、紫外線の強い地域に住んでいる人(過去に住んでいた人)は白内障になる可能性が高いといわれています。すでに白内障になっている方は進行が早くなってしまいます。



放射線によるもの


放射線は、水晶体に強い損傷を与えます。特に、大量の放射線を浴びた場合は、白内障の発症率が非常に高くなることが明らかになっています。原爆により、被ばくをした人の多くは白内障を発症しています。放射線をよく浴びる職業として、原発事故作業員や医療従事者が挙げられます。 



ステロイド薬によるもの


ステロイド薬の副作用のなかに、白内障があります。ステロイド薬による白内障は、老人性の白内障に比べ、進行が非常に早いです。視力低下のスピードも速く、自覚症状も出やすいといわれています。ステロイド薬は白内障だけでなく緑内障を発症する原因になるため、長期使用する際は眼科で定期的に経過をみてもらいましょう。



糖尿病によるもの


糖尿病の合併症として、白内障を発症する場合があります。糖尿病患者は健康な人に比べると、約5倍白内障になるリスクがあるといわれています。また、白内障だけでなく網膜症、緑内障になるリスクも高く、糖尿病の予防は目の健康にとって非常に大切です。



白内障の症状


白内障の症状はさまざまで、徐々に進行するため自覚しにくい病気です。感じる症状は主に以下の症状です。ここからは白内障の症状を詳しく説明します。



光が眩しく感じる


白内障の主な症状のひとつです。

外から入る光は水晶体を通って網膜に届けられます。白内障により水晶体が濁っていると、光をまっすぐ網膜に届けることができなくなります。外から入ってきた光が散乱してしまい、屈折に伴う乱反射から眩しく感じてしまいます。


特に眩しく感じやすいのは、暗い場所で明るい街灯や信号を見たときです。運転中は特に危険です。対向車の光を見たときに、眩しさで見えなくなってしまう場合があります。運転中に起こると事故になりかねないため、このような症状があればすぐに医師に相談してくださ

い。



視界がかすむ


水晶体はカメラのレンズの役割を担っています。くもっているレンズで写真を撮影すると、ぼやけた写真になるのと同じ原理です。水晶体が白く濁ると、光の透過性が落ちてしまいます。そのため、「すっきり見えない」「ぼやける」といった症状がみられます。



視力の低下


水晶体の濁り方は、水晶体の外側から中心に向かって進行することが多いです。視力の低下を感じ始めるのは、濁りが中心部まで到達してからです。光を通さない水晶体の周りが濁った場合は、視力に影響することはありません。白内障により水晶体の濁りが強くなると、網膜に光を送りにくくなってしまい、視力の低下に繋がります。


しかし、病気の種類によっては水晶体の中心部から白く濁り始めることがあります。

この場合、白内障の進行により近視が進み、激しい視力低下が起こることがあります。



白内障の多くは加齢によるものです。自然な病気といわれていますが、進行すれば日常生活の妨げになり、ひどい場合は緑内障や炎症を起こしてしまうことがあります。


眼が見えにくく生活に支障が出ている場合は、早めに受診するようにしましょう。

最新記事

すべて表示

白内障の手術は比較的安全性の高い治療です。しかしながら、外科的に治療するためわずかではありますが合併症が起こることがあります。 今回は白内障手術で起こりうるリスクをおもにお伝えします。 駆逐性(くちくせい)出血 手術中に脈絡膜の血管が破綻して出血する合併症です。 急な血圧上昇や強く緊張した場合、咳込んだ場合などの負荷が加わった場合や手術中の急激な眼圧低下などで出血が起こりやすいとされています。 駆

白内障の手術をする前に、いつから仕事復帰できるのか、手術後に日常生活にどのような制 限があるのかなど手術後の不安を抱える方が多いです。また、日常生活にどのような支障が でるのか把握して、仕事やプライベートなどスケジュールを調整する必要のある方もいるで しょう。 今回は白内障手術後の過ごし方について解説していきます。これから白内障手術を受けよう と思っている方はぜひ参考にしてください。 白内障手術後

白内障の手術をしたあと、すぐによく見えるものなの?と不安な方は多いと思います。先にお答えすると、ほとんどの患者様が「視界がはっきりとしてよく見えるようになった」と喜ばれています。しかしながら、よく見えるようになった分、視界の違和感が現れることが多いです。今回は、手術後の見え方や、術後に気を付けるべきことを説明します。 白内障の手術はどのように行う? 白内障の手術では、白内障によりにごった水晶体を取