ゴールデンウィーク期間の休診日について

5月3日(火)~5月6日(金)は休診致します。

※5月2日(月)の午前診は「武田医師」→「福地医師」に変更

 5月7日(土)は午前診のみ診療(午後は手術のみ)

ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

最新記事

すべて表示

白内障の手術をしたあと、すぐによく見えるものなの?と不安な方は多いと思います。先にお答えすると、ほとんどの患者様が「視界がはっきりとしてよく見えるようになった」と喜ばれています。しかしながら、よく見えるようになった分、視界の違和感が現れることが多いです。今回は、手術後の見え方や、術後に気を付けるべきことを説明します。 白内障の手術はどのように行う? 白内障の手術では、白内障によりにごった水晶体を取

年齢を重ねるうちに、目に対してなんらかの不調を感じることが多くなります。字がみえにくい、重なって見えるなど、症状はさまざまです。このような場合、最初は軽い症状のことが多く自己判断で市販の目薬を使用していませんか?実はその症状、白内障の初期症状かもしれません。 また、白内障は市販の点眼薬では治療や予防はできません。白内障は老化現象であり、60歳以上の8割が白内障を発症するといわれる身近な病気です。症

白内障手術は、混濁した水晶体の代わりに人工のレンズを挿入します。今回は眼内レンズの タイプや適している眼内レンズの種類などをご説明します。 眼内レンズとは 眼内レンズは、白内障の手術で濁った水晶体を取り除いた後、代わりに挿入する人工レンズです。眼内レンズにはさまざまなタイプがあり、シリコンやアクリル樹脂など、主に柔らかい素材が使われています。また、眼鏡やコンタクトと同様に度数があり、メンテナンスは